駒ケ根といえばソースカツ丼ガロですが、
今回は駒ケ根もみじクラフトでした。
あとりえまさこは初出店でしたが、すでに9回目のクラフトで300店が並ぶ大イベントです。
(常連さんからは秋は小さいんだよ~春なんてこんなもんじゃない!って言われたけど)

今回はYahoo!ニュースでふんどし女子の記事が出たり、白熱ライブビビットの放送があった直後のイベントで、
これまでとお客様のふんどし前 通過のつぶやきが全く違いとまどったほどです。
以前なら「何これ~、やだ~」とか「・・・・ムリ!」だったのが。
通過しながら「流行ってるのよ」「締め付けがないからいいの」「テレビでやってたね」と話しながら歩いていくのです。
立ち止まってくださる方、興味を持ってくださる方も格段に多かったです。
本当にありがたいことです。
が、少し引いている私は手放しで喜べず・・・・。
「ふんどし」は世論というにはオーバーですが、こんなに変わるんですね。
ネットもテレビも露出としてはわずかでした。なのに・・・・。

こうやって私たちの好みや思考は操作されているのでしょうか。

私は「下着を変えるには本人の決心が必要なんです、だから自分でよく考えてみてください」とお話ししています。
テレビで見たから、みんなやっているから、やるのではなく
「私はこうしたいから、ふんどしを締めるんです」そんな潔さがふんどしユーザーには似合っていると思います。

駒FUN

写真は駒ケ根でふんどしを広める活動をしている「駒FUNメンバーの方々」です。