こんにちは。まさこです。
平和の森で法螺貝の吹き初めしてきました。

なんで法螺貝なの?って聞かれるんですが、
法螺貝は山で修業をする修験道が使う法具で、
戦の時の合図にも使われました。

ま、いろいろ意味はあるらしいのですが、
一度体験してみれば良さがわかります。
音を出すのはそれほど難しいことではありません。
良い音を出す、となると修業の域になります。
練習していると酸欠でクラクラしてきます。
そんな時、いらんことを考える余裕はなくて、

いわゆる無になれるのです。

そして場の空気を変えることができます。

体験してみたい方はお気軽にご連絡ください。
女性限定で初夏にワクワク企画があるようです。
こちらも興味がある方は直接お問い合わせください。

修験道には滝に打たれる滝行があるのですが、
この時は白いふんどしを着用します。
修業には是非あとりえまさこのふんどしをお使いください。
商品はこちらから

平和の森で吹き初め