昨日は松本市が110歳なったお祝いが松本市芸術館でありました。
松本大好きな私も市民の一人として行ってきました。

目玉は式典のイベント。
柳田邦男氏の講演会はとても貴重なお話を伺え、
天満敦子さんのバイオリン演奏、至福のひとときでした。

柳田氏の講演は予定を超え1時間半でしたが、内容が濃くて短く感じました。
中でも

・「おせっかい」を歓迎するまち

という言葉が響きました。
個人情報とか言っちゃって我関せずの時代。
もっと人と人がつながり、関係をもつことが大事だと話されたと理解しました。

最後に天満さんのバイオリンをお聴きできて本当にしあわせな気持ちになりました。
天満さんてなんてお茶目で素敵な方なんでしょう。
天満さんの音楽を松本の節目にできたこと、
最高でした。