こんにちは。まさこです。
昨日の中日新聞に
あとりえまさこ
大きく載せていただきました。

今回の取材は「ふんどし」じゃなくて
311をキーワードに探していて
私をみつけてくださったようでした。

2011年の12月31日
炊き出しボランティアで行った
岩手県陸前高田。
高台から
家々があったはずの
何もない土地を見たとき
「人って突然死ぬんだ」って
強く心に刺さりました。

あの光景は忘れられない。

それまでの
もっともっとの生き方は止めて
しっかり地に足をつけて
自分の足で歩いていく。
そんな生き方はできないものかと
夫と探していました。

この時点では
まだふんどしと
出会っていません。

地震の前に
原発は危ないよって
言ってた人
少なかったでしょ。

本当は
ちょっと考えれば
わかることだったんですよね。
地震が多い日本では危ないよって。
私もそんなこと考えていなかった。

私たちは
考えるスイッチを切って
生活してきました。

いちいち考えていたら
お隣の人と喧嘩になるから。
異を唱えると面倒だから。

2013年に
私は女性の友人から
ふんどしを作ってと頼まれました。

試作として自分用に作ってみました。
着けたらあまりに良くて
「いったい今までのパンツって何だったんだろう」
って疑問が湧きました。

その時「これだ!」って思いました。

ちょっと衝撃的でおかしな
「ふんどし」には
考えるスイッチをONにする力がある。

他にも選択肢があるかもしれないこと、
本当にこれがベストかを考える生活です。

そんな思いを込めて製作しています


4月6日7日 覚王山春祭に出店します。
(名古屋市千種区)
名古屋市営地下鉄
東山線で覚王山駅
下車
(名古屋駅から15分、栄駅から10分程度)

あとりえまさこは信州松本から気持ちの上がる下着を発信しています。
商品はこちらでご覧になれます。
あとりえまさこWEBSHOP

ご購入相談専用ダイヤル(0263-55-8089)にお電話を頂ければ、ふんどしやパンツなどについてのご相談をお受け致します。
お気軽にご相談ください。
(月~金 9:00~17:00 つながらない場合はこちらからお電話させて頂きます。)
郵送やWEBでも取り扱っております。
JapanExpo出展報告のご依頼も大歓迎です。(無料)