こんにちは。まさこです。
今日は映画を見ました。
「モリのいる場所」
画家熊谷守一(モリさんが愛称)の話。モリさんは山崎努さん、奥さんを樹木希林さんが演じている。
熊谷守一は97歳まで生きて、晩年はそぎ落とした抽象画を描いた。

100分ほどの映画だが、見終わったら立ち上がれないほど疲れた。
どうしてこんなに疲れたんだろう。

時間の流れ方が私の生きている世界と違いすぎる。
→モリさんは小さい庭にゴザを敷いて虫や鳥、めだかを観察して過ごす。

常識にとらわれない生き方をした、とあったけど、言い換えれば非常識な生き方をしたわけで。。。。
やっぱり非常識なくらいじゃなきゃ魅力的になれないんだな~。