こんばんは。まさこです。
覚王山春祭りで
強烈な紳士に出会いました。

その方は初日に
同級生の還暦のお祝いに
赤ふんをお求めでした。

ここまでは
普通のお客様なんですが、

この後が熱い。

自分は覚王山アパートの大家だ。
覚王山アパートっていうのは
木造のアパートを改装して作った
アーティストのショップ、ギャラリー、アトリエだ。
ここ(私の出店している場所)から近い。
是非行って。

ま、
これくらいなら
特別熱いわけではない。

二日目にまたご来店。

一郎さん(以後敬称略)
「覚王山アパート行った?」

昌子「いや、行ってないです。
行かれないんですよ。
搬出も短時間でやらないといけないし、
店離れられないし」

一郎「オレ、店番してるから今行ってくれば?」

昌子「え?」
一郎「だから、オレ店番してやるって」

※2~3回くりかえし

で、
行きました。
覚王山アパート

ちょろちょろっと見ようと思ったら
あまりに素敵で
案外時間がかかってしまった。

和紙でアクセサリーを作っている
マッチュルームさんは
クリーマで知り合いになった方で、
ちょっと盛り上がった。

手で丸を作っている女性は
神田葵さん
この時お話しする時間はなかったけど
多分また会えるだろう。

慌てて自分の店に戻ると、
サングラスをした一郎さんが店番していて
休憩から帰った夫が
状況が理解できずに遠慮がちに後ろに立っていて
爆笑してしまった。

私も絵を描いていることを
一郎さんに話したわけでもないし

一郎さんも店番してまで
誰にでも
覚王山アパート見てこいって言わないだろう。

言葉以外で通じる人との出会いでした。
一郎さんまた会いたいな。

だけど一郎さん、
その風貌じゃあ売れませんから~♪

:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::

フランス人が見た日本の景色~フランス人が日本を好きなわけ~」
4月20日(土曜日)
午後2時から4時
松本市庄内地区公民館にて
参加費 1000円

5月11日12日 名古屋宗春街道市
6月29日30日 名古屋クリエーターズマーケット
に出展します。

あとりえまさこは信州松本から気持ちの上がる下着を発信しています。
商品はこちらでご覧になれます。
あとりえまさこWEBSHOP

ご購入相談専用ダイヤル(0263-55-8089)にお電話を頂ければ、
ふんどしやパンツなどについてのご相談をお受け致します。
お気軽にご相談ください。
(月~金 9:00~17:00 つながらない場合はこちらからお電話させて頂きます。)
郵送やWEBでも取り扱っております。
JapanExpo 出展報告のご依頼も大歓迎です。(無料)