命の灯が少しずつ小さくなっていることを
どうしても感じてしまうとき胸がざわざわする。
その人と一緒に過ごした時間を思い出してみる。
その人のことを思いながら、
私の生きている時間をもっともっと大切にしようと思う。