こんにちは。
心地良い下着をあなたに~♪
信州松本の下着屋まさこです。

今日は特別にお仕事を
見学させていただきました。

私の希望にそって
めんちゃん先生が作成したパターンを
実際に仕立てたとき
ちゃんと身体に合っているかを試す工程です。

もう、朝からワクワクです。

まずは、
生地の地の目を通すことがとても重要だということ。
(生地の縦糸と横糸をまっすぐ通して、それを直角にすること)

建築の基礎と同じですね。
家を建てる、というと、
間取りとか窓の位置とか、
リビングの情景を妄想しますよね。
まさか基礎は、どうしましょうか、
ベタ基礎にしようか布基礎しようかって
妄想する人は極めて少ないでしょう。

だけどね、
基礎が本当に大事だし
この後どんなに素敵なデザインにしても
ここがしっかりしていなければ全部台無しになる。

なるほどだったし、
とってもたのしかったの。

めんちゃん先生に
「たのしい?」って聞いたら
「うん、たのっしい!」って返ってきて、
「私はめっちゃたのしいっ!!」って答えた。

このたのっしい気持ちが
ひとつひとつ作るお洋服のエネルギーです。

ただ、縫って作ってるだけじゃないの。
そこにプラスのエネルギーが載っている、
そういう物をお届けしたいと思っています。

↑え、これ「かねじゃく」じゃん。
曲尺(かねじゃく);大工の必須道具。
これで縦糸、横糸を整えてアイロンをかける。

たのしい仕事から良い物はうまれる。
これは間違いない。

↑針が美しい。
こういう仕事が大好きです。

ボディーに着せてチェック。

↑曲線はゆっくりやることも大事。

愉しかったなあ💓

:::::::::::::::

あとりえまさこのブログは
毎晩8時に更新します。

あとりえまさこのリンク